横浜緑吹奏楽団第37回定期演奏会
【2021/5/25 更新】
横浜緑吹奏楽団第37回定期演奏会の情報第2弾です。
開場・開演時刻、演奏曲が確定しました!
客演ソリストとしてお迎えする雲井雅人氏(A.Sax)と共演する楽曲はドビュッシー作曲「ラプソディー」です。
また、企画ステージは某人気ラジオ番組のパロディをお届けします。
どうぞご期待ください!

 開催日:2021年10月10日(日)

  ※入場無料・全席自由
 
 開場 14:15 開演 15:00

 会場:神奈川県立音楽堂(県立音楽堂HPリンク
 
 ■ JR「桜木町」駅から徒歩10分
  〜その他の交通手段〜
  ■ 市営地下鉄「桜木町」駅から徒歩10分
  ■ 京浜急行「日ノ出町」駅から徒歩15分
  ■ みなとみらい線「みなとみらい」駅から徒歩20分
  ■ 横浜市営バス・京浜急行バス・神奈中バス「紅葉坂」
    下車徒歩7分
  ■ 横浜市営バス「戸部1丁目」下車徒歩5分



PDF版も用意いたしました。
PDF版(105KB)
<予定プログラム>
 【第1部】企画ステージ
  ・横浜緑吹奏楽団のオールミドリニッポン
 【第2部】
  ・歌劇《サムソンとデリラ》より「バッカナール」(サン=サーンス)
  ・ラプソディー アルト・サクソフォンとオーケストラのための(ドビュッシー)
  ・ボレロ(ラヴェル) 他
★入場無料・全席自由の公演ですが、新型コロナウイルス感染者数の状況次第では入場者数を
 制限する場合があります。
 また、ご来場の際は新型コロナウイルス感染症拡大防止の対策にご協力くださいますよう
 お願いいたします。
★やむを得ず公演を中止する場合は、当ホームページおよび当団ツイッターにてお知らせします。

客演ソリスト:雲井雅人(アルト・サクソフォン)

【プロフィール】
国立音楽大学を経てノースウェスタン大学大学院修了。
第51回日本音楽コンクールおよび第39回ジュネーヴ国際音楽コンクール入賞。

1984年東京文化会館小ホールでリサイタル・デビュー。
2005年・2014年「サイトウキネン・フェスティバル in 松本」に参加。
2012年ハンガリー・ソルノク市立交響楽団と共演。
2013年「香港国際サクソフォン・シンポジウム」に参加。
2014年「シンガポール木管フェスティバル」で協奏曲を演奏。
2016年インディアナ大学にてオーティス・マーフィー教授のサバティカルリーブにともなう客員教授を務める。
2017年アメリカ海軍ネイビー・バンドのサクソフォン・シンポジウムに招待されて演奏とマスタークラスを行う。
同年 準・メルクル指揮、国立音楽大学オーケストラとドビュッシー「ラプソディー」を共演。
2018年NASA(北アメリカサクソフォーン評議会)に雲カルとして招待され演奏とマスタークラスを行なう。
2020年ワレリー・ゲルギエフ指揮ウィーン・フィルハーモニーのジャパンツアーにサクソフォン奏者として客演。

「雲井雅人サックス四重奏団」主宰。国立音楽大学教授。
  
横浜緑吹奏楽団のページへ戻る

Copyright (C) 1984-2021 横浜緑吹奏楽団 . All Rights Reserved.